(め)組・公式ブログ

ドラゴンソルジャーLAWが主催する(め)組の公式ブログです。

(め)組(DS4)以降のDVD(全て2千円;手数料(送料込み)500円)の販売を、通販で受け付けてます。
お気軽に下記のアドレスにお問い合わせください。
megumiofficial@gmail.com

2017年01月

GTジム行き方マップ

GTジムの写真付きの行き方マップです。

http://www.gt-gym.com/index.php/access
横浜市都筑区牛久保東1−33−21


1.横浜市営地下鉄・センター北駅を降りると、北側にドンキホーテが見えるので、そこの右側を直進して北上します。
GTジム1
GTジム2

2.突き当りを少し右に行くと、すぐにBIKE PLUSの見える交差点があるので、そこをさらにBIKE PLUS側に左折して北上して直進します。
GTジム3

3.RICOHが見える「都築医療センター入口」という大通りの交差点を右折して東側に直進します。
GTジム4

4.右手にすき家、左手にまいばすけっとが見える「請池」という大通りの交差点を、まいばすけっと側に渡り、さらに東側に直進します。
GTジム5

5.まいばすけっとから100mほどでGTジムが見えます。
GTジム6

02.11(土・祝)(め)組(DS20)・全対戦カード

02.11(土・祝)(め)組(DS20)の出場選手と全対戦カードです。

○(め)組(DS20)〜Major Style Doindie Spirits〜
20170211(め)組(DS20)・フライヤー

・場所:横浜市都筑区・GTジム
横浜市都筑区牛久保東1−33−21
http://www.gt-gym.com/index.php/access

・日程:2017年2月11日(土・祝)12:30開場、13:00開始
・チケット:男性2千円、中学生以下無料
・出場予定選手:ドラゴンソルジャーLAW、マッチョ・マイケルズ、安倍健治、日龍、326、SAKURA、河邑嘉哉、塙純一、田馬場貴裕、麺と唐揚げ利明、キングペンギン、kyohei、ハ・ダオン、ボクシングマシーン、ZIMA吉田、他

○全対戦カード

1.格闘技マッチ
田馬場貴裕 vs ZIMA吉田

2.空手 vs ボクシング
326 vs ボクシングマシーン

3.Best of the H
グズ、キング・ペンギン vs 麺と唐揚げ利明、ハ・ダオン

(休憩)
チョリソの部屋・特別編〜(め)組5周年を振り返る〜

4.次期どインディ無差別級王者・挑戦者決定戦
河邑嘉哉 vs kyohei

5.Best of the (め)
安倍健治、塙純一 vs 日龍、SAKURA

6.(め)組5周年記念試合・路上王選手権試合
(王者)ドラゴンソルジャーLAW vs マッチョ・マイケルズ(挑戦者)

・会場は土足禁止です。入り口に脱ぐところがあります。
・自販機や売店はありませんが、近くにコンビニがあります。
・ゴミはお手数ですが、お持ち帰りください。
・駐車場は使用できません。
 近隣に有料の駐車場(コインパーキング)はございます。


各試合の見どころを簡単に。

まず第1試合ですが、久々のノーフォールの格闘技マッチです。
田馬場選手は総合格闘家とプロレスラーの二刀流の選手です。
ZIMA吉田選手は前回の日龍選手との査定マッチを経て、今回の参戦となります。
今回は本当の意味での試練になるかと。

第2試合は空手対ボクシングのわかりやすい試合です。
326選手は最近出場機会が増えているベテラン選手で、一方のボクシングマシーン選手は昨年10.16水上プロレスでデビューした新鋭です。
ボクシングマシーン選手にとっては、今後のプロレスへの適性を占う一戦となるかと。

第3試合はHプロダクション提供試合的なカードです。
今後、彼らが(め)組に本格的に絡んでくるのか、それとも今回限りで終わるか、それはこの試合次第かと。
また、セミとどちらが良い試合になるかも気になるところ。

第4試合は次期どインディ無差別級王者挑戦者決定戦です。
河邑選手は聾ながら(め)組以外のどインディでも活躍してる選手ですが、kyohei選手は福島IWPの選手です。
実績では河邑に分があるものの、実力ではkyohei選手も決して劣っていないので楽しみな一戦です。
そしてどちらが挑戦者になってもDSLにとっては脅威になるかと。

セミは、ここ最近(め)組を支えてくれている4選手の試合となります。
勝敗もさることながら、この中で誰が一番優れたパフォーマンスするのかが気になるところ。
また、第3試合との競争でもあります。

メインはDSLと、2年ぶりの(め)組参戦となるマッチョ・マイケルズ選手との路上王のベルトを掛けた久々の一騎打ちです。
その間マッチョ選手はアイドルグループ・マッチョ29でブレイクして、知名度は大きく向上。
ここ数年のプロレス界での活躍も間違いなくマッチョ選手の方が上なので、DSLにとって強敵なのは間違いないです。

また、マッチョ・マイケルズ選手は(め)組を語る上で絶対に外せない選手です。
5周年記念試合にふさわしい一戦となるのか?

休憩時間のチョリソの部屋・特別編は、DSLとチョリソで2011年(め)組旗揚げから5年を振り返る企画。
今まで語れなかった話がこの機会に聞けるか?

今回は初参戦選手が増えて、見どころのあるカードが増えました。
どうか久々の(め)組をよろしくお願いします。
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Search Google
livedoor プロフィール
DSLショップ
(め)組オフィシャル・Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ